WEBエンジニアGirls!!

今までプログラミングに触れたことがなかった女子たちが、就職・インターンを機にイケてるWEBエンジニアを目指す七転び八起きをゆるーり綴ります( ´ω`)

HerokuでWordPressのブログをつくる*Part2*WordPressを設置する

こんにちは!WEBエンジニアのあじゃです(θωθ っ )3~

このブログを自製ブログに移行すべく、HerokuでWordPressをつかったPHPブログを作ろうとしているのですが、
なんどやっても Application Error になる・・・!

(おそらくProcfileの設定とかが間違っていそう)

もっと楽に入れられるやつないかなあ、と探していたら、
とーーーっても便利なサイトがありました٩( 'ω' )و

HerokuにWordpress 4.2.2-ja PostgreSQL Heroku Button付き - BSDあれこれ

Wordpress(version 4.2.2-ja) とPostgreSQLをインストールしたリポジトリが公開されています。

f:id:we-girls:20151225174916p:plain
このボタンをクリックするだけで、
Herokuで新しいアプリが作られ、そこにWordPressなどがすでにはいった状態になります
(アプリの名前などは自由に設定できます)

遷移したHerokuのマイページで、アプリの名前を入力します。
f:id:we-girls:20151225175633p:plain
Regionとかは、よくわからないのでそのままにしました。


グレーアウトしている欄は、
autogeneratedとあり自動でしてくれるようなので空欄のままにします。
AWS_ACCESS_KEY_IDとAWS_SECRET_ACCESS_KEYも空欄のままにします。
f:id:we-girls:20151225175638p:plain
ADMINAUTHは、Herokuのユーザー名と、ハッシュしたパスワードを入力します。

これは、下記のリンクから作成することもできます
htpasswd Generator
f:id:we-girls:20151225180316p:plain
Herokuのユーザー名とパスワードを入力して、encrypt passwordをクリックします。
生成された結果をそのままコピペします。

(例として、user name: aja, password: ajanopassword で生成しています。)

セキュリティ的に心配な場合、
ユーザー名は適当に入力して、生成した後に":"の左側を置き換えても大丈夫でした。
(この例だと、結果の"aja"を置き換えます。)


Herokuのデプロイも終わり、さあブラウザで見てみるぞ!と思ったら、
Digest認証のユーザー名とパスワード忘れて閲覧できない…(θωθ っ )3~

(デプロイ直後はDigest認証がかかるように設定された状態です。)


こういう時は、Herokuの"Setting"の"Config"から確認できます
f:id:we-girls:20151224002336p:plain


f:id:we-girls:20151224002529p:plain
{ユーザー名}:{ハッシュされたパスワード}となっています。
パスワードを忘れたら、新しいパスワードをハッシュ化したものに置き換えましょう



次回からはこれをカスタマイズしていきます!